高萩 幸男
高萩 幸男
 (Yukio Takahagi)

■コラムテーマ別
 + 面接官のトーク術(73)
■地道に、愚直に、丹念に (2018/01/18)

「あなたのES(エントリーシート)高く買います」

どこかのCMみたいですが
就職サイトが、内定を得た学生のESを買い取り
翌年の就活生に公開するサービスが最近広がっているそうです。

企業によって買い取り額は変わるらしく
人気企業なら1社最大5000円とか。

「使わなくなったバッグをメルカリで売って小遣い稼ぎする」
当の内定者はその程度の感覚なんでしょう。

一方の就活生にとっては
正解が分からないESの書き方を
手っ取り早く教えてくれる(コピペさせてくれる)絶好のサービス。
短期決戦で勝負が決まる最近の就活事情も手伝って
とても好評とのこと。

ひょっとすると、今年の内定者、皆さんが評価したのは
生身の「人」ではなく、数千円で売られた「ES」かもしれません(笑)

書きながらとても虚しくなるのですが
もはやESは使い物にならないのでしょうか?

いやいや、面接官によって、使える、使えない、の二極化が進むだけ。
そして、その差を分けるのは「情報収集力」。

ESには必ず応募者の「経験」が書かれているはずで
そこから
応募者“ならでは”の「思考・行動特性(考えぐせ・行動ぐせ)」を
どれだけ情報収集できるかどうか。

情報収集の下手な面接官「あるある」ですが
「何を質問したら良いか分からない」とよく口にします。
それは情報収集する「枠組み」がないから。

部屋を片付ける時に
どこから手を付けて、どこに、何をしまうか。
その「ルール」がないのと同じです。

では、その「枠組み」の正体とは…
このメルマガでは「PDCA」がよく登場します。

応募者が「いつ何を考え(Plan)、どんな行動をして(Do)
どんな結果になり(Check)、どう対処したか(Action)」という
プロセスに沿って情報収集する。

あるいは「SBI」というのもあります。
「どのような状況で・どんな状況の時に(Situation)
どんな振舞い・行動をして(Behavior)
どんな影響をもたらしたか・何が良かった、悪かったか(Impact)」という
プロセスに沿って情報収集する。

「PDCA」、「SBI」、何れにしても
応募者が書いたもの、話したこと
その全てから情報収集し、足りない情報は質問で補う。
その絶好の情報源がESなので
結論、ESは今後も欠かせない採用ツールだと断言します。

地道に、愚直に、丹念に
情報収集すれば、それが本人の経験に基づいたものか
コピペしたものか、自ずと分かります。

横着に、適当に、足早に
情報収集していると
名前も知らない人のESを高く買わされることになりますよ。

そして…
他人のESを平気で拝借するような人は
社内の機密情報も平気で漏らすかもしれません!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Copyrightc 2018 PERSONAL VISION INSTITUTE CO.,LTD. All Rights Reserved.
このコラムの全部または一部を(株)パーソナルヴィジョン研究所の事前承諾なく、
いかなる形式・媒体にも複写掲載することを禁じます。

コラムテーマ:<面接官のトーク術>
 バックナンバーも是非ご覧下さい □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
良い「型」(2018/12/14) <面接官のトーク術>
お節介で言い出しっぺ(2018/09/10) <面接官のトーク術>
統制と自由を問う(2018/07/24) <面接官のトーク術>
逆風が人を育てる(2018/07/06) <面接官のトーク術>
型破りと形無し(2018/02/26) <面接官のトーク術>
二つの“きく”(2018/01/19) <面接官のトーク術>
地道に、愚直に、丹念に(2018/01/18) <面接官のトーク術>
“志望動機”って聞く意味あるの?(2017/10/13) <面接官のトーク術>
高評価な人と、そうでない人の差(2017/08/24) <面接官のトーク術>
志を語り継ぐ(2017/08/10) <面接官のトーク術>
天使のように大胆に、悪魔のように細心に(2017/04/28) <面接官のトーク術>
当たり前のことを当たり前に(2016/08/29) <面接官のトーク術>
自分から素顔を見せる(2016/06/03) <面接官のトーク術>
引き算の面接(2016/04/12) <面接官のトーク術>
リクルーターとアセッサー(2016/02/19) <面接官のトーク術>
面接官の提案力(2016/01/12) <面接官のトーク術>
スーパースターばかりが必要か(2015/11/12) <面接官のトーク術>
“辞めない”面接(2015/09/28) <面接官のトーク術>
感情を引き出す(2015/08/10) <面接官のトーク術>
誇れるものがないという人(2015/06/29) <面接官のトーク術>
本当の独自性(2015/05/01) <面接官のトーク術>
VSOP人材論(2015/03/13) <面接官のトーク術>
てまひまかけて(2015/01/09) <面接官のトーク術>
相手の時間を大切にする(2014/11/14) <面接官のトーク術>
一人二役(2014/09/26) <面接官のトーク術>
行動チェックリスト(2014/08/01) <面接官のトーク術>
問題提起の輪を広げられる人(2014/06/16) <面接官のトーク術>
ブレーキではなくアクセルが踏める人(2014/04/25) <面接官のトーク術>
物語に惑わされるな(2014/03/07) <面接官のトーク術>
個人としての動機(2014/01/24) <面接官のトーク術>
「見る」ではなく「観る」(2013/12/16) <面接官のトーク術>
“野暮”をしつこく(2013/10/04) <面接官のトーク術>
まとまりなくべらべら話してもらえたら(2013/08/23) <面接官のトーク術>
ベテランあるある(2013/06/07) <面接官のトーク術>
失敗から得た糧(2013/04/22) <面接官のトーク術>
ストーリーをつなげる(2013/03/08) <面接官のトーク術>
ワクワクさせられるか(2013/01/25) <面接官のトーク術>
「無難」からは「無難」しか生まれない(2012/12/13) <面接官のトーク術>
絶対評価と相対評価(2012/11/02) <面接官のトーク術>
グループディスカッションの弊害(2012/09/07) <面接官のトーク術>
見る力(2012/07/23) <面接官のトーク術>
時間軸に沿って(2012/06/08) <面接官のトーク術>
脱線を楽しむ余裕(2012/04/16) <面接官のトーク術>
学生だけの責任か(2012/03/01) <面接官のトーク術>
面接官も管理職も 根っこは同じ(2012/01/19) <面接官のトーク術>
一つ上の目線で(2011/11/21) <面接官のトーク術>
教えてくださいという 姿勢(2011/10/05) <面接官のトーク術>
応募者に見出しをつける(2011/07/01) <面接官のトーク術>
もし面接官がドラッカーを読んだら(2011/05/16) <面接官のトーク術>
面接官には不向きなタイプ(2011/04/07) <面接官のトーク術>
基本中の基本(2011/02/14) <面接官のトーク術>
自らの仮説を疑う(2010/12/21) <面接官のトーク術>
腹落ちを問う(2010/11/04) <面接官のトーク術>
似顔絵描きであれ(2010/09/27) <面接官のトーク術>
バイアスの悲劇(2010/08/10) <面接官のトーク術>
成長の転機(2010/07/16) <面接官のトーク術>
「なぜ」よりも「何が」(2010/06/20) <面接官のトーク術>
イメージすることの大切さ(2010/06/04) <面接官のトーク術>
聞く技術(2010/05/12) <面接官のトーク術>
選ばなかった理由(2010/04/09) <面接官のトーク術>
社員の共感(2010/03/19) <面接官のトーク術>
尊敬より共感(2010/02/25) <面接官のトーク術>
話の腰を折る(2010/02/04) <面接官のトーク術>
距離を縮め、いつ切り込むか(2010/01/15) <面接官のトーク術>
「書く」のではなく「描く」(2009/12/17) <面接官のトーク術>
表情と話の長さ(2009/11/26) <面接官のトーク術>
山と谷に着目する(2009/11/07) <面接官のトーク術>
素人にもわかるように(2009/10/16) <面接官のトーク術>
意図のある人の面接(2009/09/27) <面接官のトーク術>
WHYを中心に(2009/06/25) <面接官のトーク術>
WHYをどこに集中させるか(2009/06/02) <面接官のトーク術>
WHY・WHAT・HOW(2009/05/11) <面接官のトーク術>
興味・関心を質問に(2009/04/14) <面接官のトーク術>
Copyright © 2019 Personal Vision Institute co.,ltd. All Rights Reserved.