高萩 幸男
高萩 幸男
 (Yukio Takahagi)

■コラムテーマ別
 + 面接官のトーク術(76)
■二つの“きく” (2018/01/19)

「ウチの社長、『もっと働け!』言うたり
『残業するな!』言うたり…」と苦笑いの人事マン。
一方、その横には、我関せずで、高笑いの社長。

我々の訪問先では“いつも”の光景です(笑)
いや、弊社のお客様に限らず
社長とは「朝令暮改」じゃないと
務まらない仕事かもしれません。

かつて、バブルの頃は「大量採用」を宣言し
“泡”がはじけた途端、「採用ゼロ」を命じる。

真面目な人事マンがそれを忠実に実行した結果
今や、“働かない”アラフィフを大量に抱え
“働き盛り”のアラフォーが足りない…

恥ずかしながら、私もその“片棒”を担いだ一人
真面目な人事マンでした。

「朝令暮改」、もう少し堅い表現で言うと「二律背反」。
社長ほどではないにしろ
人事も、上手に自己矛盾を“飼いならさないと”いけない。
今、振り返ってそう思います。

例えば面接。
「二重人格になれ、二枚舌を使え」とは言いませんが
二つの顔を使い分けてこそ一丁前。

一つは、当然ながら「評価者」の顔。
そしてもう一つは
見過ごされがちな「共感者」の顔。

面接とは言え、所詮は会話ですから
応募者と気持ちを通わせないと
面接以前に“言葉のキャッチボール”が成立しません。

やはりここは、応募者の話をしっかり聞くこと
例えるなら、明石家さんまサン風に
「ほいで、ほいで」と会話を弾ませ、同じ空気を吸うことが大事。

ある本にこんなことが書いてありました。
「きく」という日本語には
「聞く」と「尋ねる(質問する)」という意味が含まれるが
この二つには大きな差がある。

「聞く」とは話し手の意図に沿っているが
「尋ねる」とは質問者の意図に沿っている。
だから、尋ねてばかりいると
自分が望んでいる情報ばかり集める結果になり
話し手の立場から発した情報が得られなくなる。

これに私なりの解釈を加えると
評価者の顔で「きく」とは「尋ねる」こと
共感者の顔で「きく」とは「聞く」こと。

「尋ねる(質問する)」ばかりだと
面接官の意図どおりに進行できるのは良いが
その意図に沿った回答しか得られず、判断に偏りが生じる。

要は、単純に自分(自社)のモノサシに合う、合わないで
判断するので、同じタイプばかり集めてしまう。
必要な人材を多面的に評価できず、見落とす可能性がある。
(それと、モノサシに合う人だけを選り好みしていると
ぶっちゃけ、採れませんしね…)

やはり「聞く」ことを意識しないと
応募者の全体像が見えてこない、正しい評価はできない。

さすがに面接で「ほいで、ほいで」は使えませんが
皆さんは、会話を弾ませるフレーズ持っていますか?
応募者と同じ空気を吸っていますか?


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Copyrightc 2018 PERSONAL VISION INSTITUTE CO.,LTD. All Rights Reserved.
このコラムの全部または一部を(株)パーソナルヴィジョン研究所の事前承諾なく、
いかなる形式・媒体にも複写掲載することを禁じます。

コラムテーマ:<面接官のトーク術>
 バックナンバーも是非ご覧下さい □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
思いやり(2019/10/04) <面接官のトーク術>
「心」に働きかける(2019/07/19) <面接官のトーク術>
空機を読む力(2019/02/22) <面接官のトーク術>
良い「型」(2018/12/14) <面接官のトーク術>
お節介で言い出しっぺ(2018/09/10) <面接官のトーク術>
統制と自由を問う(2018/07/24) <面接官のトーク術>
逆風が人を育てる(2018/07/06) <面接官のトーク術>
型破りと形無し(2018/02/26) <面接官のトーク術>
二つの“きく”(2018/01/19) <面接官のトーク術>
地道に、愚直に、丹念に(2018/01/18) <面接官のトーク術>
“志望動機”って聞く意味あるの?(2017/10/13) <面接官のトーク術>
高評価な人と、そうでない人の差(2017/08/24) <面接官のトーク術>
志を語り継ぐ(2017/08/10) <面接官のトーク術>
天使のように大胆に、悪魔のように細心に(2017/04/28) <面接官のトーク術>
当たり前のことを当たり前に(2016/08/29) <面接官のトーク術>
自分から素顔を見せる(2016/06/03) <面接官のトーク術>
引き算の面接(2016/04/12) <面接官のトーク術>
リクルーターとアセッサー(2016/02/19) <面接官のトーク術>
面接官の提案力(2016/01/12) <面接官のトーク術>
スーパースターばかりが必要か(2015/11/12) <面接官のトーク術>
“辞めない”面接(2015/09/28) <面接官のトーク術>
感情を引き出す(2015/08/10) <面接官のトーク術>
誇れるものがないという人(2015/06/29) <面接官のトーク術>
本当の独自性(2015/05/01) <面接官のトーク術>
VSOP人材論(2015/03/13) <面接官のトーク術>
てまひまかけて(2015/01/09) <面接官のトーク術>
相手の時間を大切にする(2014/11/14) <面接官のトーク術>
一人二役(2014/09/26) <面接官のトーク術>
行動チェックリスト(2014/08/01) <面接官のトーク術>
問題提起の輪を広げられる人(2014/06/16) <面接官のトーク術>
ブレーキではなくアクセルが踏める人(2014/04/25) <面接官のトーク術>
物語に惑わされるな(2014/03/07) <面接官のトーク術>
個人としての動機(2014/01/24) <面接官のトーク術>
「見る」ではなく「観る」(2013/12/16) <面接官のトーク術>
“野暮”をしつこく(2013/10/04) <面接官のトーク術>
まとまりなくべらべら話してもらえたら(2013/08/23) <面接官のトーク術>
ベテランあるある(2013/06/07) <面接官のトーク術>
失敗から得た糧(2013/04/22) <面接官のトーク術>
ストーリーをつなげる(2013/03/08) <面接官のトーク術>
ワクワクさせられるか(2013/01/25) <面接官のトーク術>
「無難」からは「無難」しか生まれない(2012/12/13) <面接官のトーク術>
絶対評価と相対評価(2012/11/02) <面接官のトーク術>
グループディスカッションの弊害(2012/09/07) <面接官のトーク術>
見る力(2012/07/23) <面接官のトーク術>
時間軸に沿って(2012/06/08) <面接官のトーク術>
脱線を楽しむ余裕(2012/04/16) <面接官のトーク術>
学生だけの責任か(2012/03/01) <面接官のトーク術>
面接官も管理職も 根っこは同じ(2012/01/19) <面接官のトーク術>
一つ上の目線で(2011/11/21) <面接官のトーク術>
教えてくださいという 姿勢(2011/10/05) <面接官のトーク術>
応募者に見出しをつける(2011/07/01) <面接官のトーク術>
もし面接官がドラッカーを読んだら(2011/05/16) <面接官のトーク術>
面接官には不向きなタイプ(2011/04/07) <面接官のトーク術>
基本中の基本(2011/02/14) <面接官のトーク術>
自らの仮説を疑う(2010/12/21) <面接官のトーク術>
腹落ちを問う(2010/11/04) <面接官のトーク術>
似顔絵描きであれ(2010/09/27) <面接官のトーク術>
バイアスの悲劇(2010/08/10) <面接官のトーク術>
成長の転機(2010/07/16) <面接官のトーク術>
「なぜ」よりも「何が」(2010/06/20) <面接官のトーク術>
イメージすることの大切さ(2010/06/04) <面接官のトーク術>
聞く技術(2010/05/12) <面接官のトーク術>
選ばなかった理由(2010/04/09) <面接官のトーク術>
社員の共感(2010/03/19) <面接官のトーク術>
尊敬より共感(2010/02/25) <面接官のトーク術>
話の腰を折る(2010/02/04) <面接官のトーク術>
距離を縮め、いつ切り込むか(2010/01/15) <面接官のトーク術>
「書く」のではなく「描く」(2009/12/17) <面接官のトーク術>
表情と話の長さ(2009/11/26) <面接官のトーク術>
山と谷に着目する(2009/11/07) <面接官のトーク術>
素人にもわかるように(2009/10/16) <面接官のトーク術>
意図のある人の面接(2009/09/27) <面接官のトーク術>
WHYを中心に(2009/06/25) <面接官のトーク術>
WHYをどこに集中させるか(2009/06/02) <面接官のトーク術>
WHY・WHAT・HOW(2009/05/11) <面接官のトーク術>
興味・関心を質問に(2009/04/14) <面接官のトーク術>
Copyright © 2019 Personal Vision Institute co.,ltd. All Rights Reserved.