高萩 幸男
高萩 幸男
 (Yukio Takahagi)

■コラムテーマ別
 + 面接官のトーク術(73)
■統制と自由を問う (2018/07/24)

4年に一度、日本中がニワカのサッカーファンで溢れる時
その一人として、テレビの前でこう思います。
「サッカー選手ってカッコエエなぁ!」

不思議ですが、他のスポーツではあまりそう感じません。
もちろん、そのスマートな見た目のせいもありますが
理由はそれ以外にも。

戦略的には、組織として統制の取れた動きを見せ
ここぞという場面では、個人が自由なプレーで魅せる。

統制と自由。
対極にあるこの二つを同時に表現できるスポーツは
他になかなか見当たりません。

「だから選手はカッコエエのか、でも監督は大変やなぁ!」
個性の強いメンバーをまとめあげ
彼らに統制を課し、自由を与える。

激闘後の西野監督、その表情からは
全ての責任を引き受けた人の覚悟と
それを全うした疲労感がありありと読み取れました。

一方、同じ監督でも
危険タックルで会見したあの人の顔は対照的。
ただ、個人的にはあまり非難する気にはなれませんでした。

自由を奪い、絶対的統制を課す監督、「王様」と
何の疑いも持たず、ただ服従するだけのコーチ・選手という「人民」。
ある日、人民の一人が「王様は裸だ」と叫んだ瞬間に
堅固なはずだった「王国」が音を立てて崩壊する。

その光景を目の当たりにして
非難する気持ちよりも、むしろ哀れを覚えました。

と、同時に
「こんな監督、どこの企業にもおるやん」と
思わず苦笑いしてしまいました。

世の中、どうしてこんなに「裸の王様」がいるのか?
それは王様に直言する人がいないから。
おかしいことを「おかしい」と声をあげる人を
周りが忖度して排除するから。

「空気を読む」と書いて「異を唱えない」と読む。
そんな翻訳アプリが皆さんの組織にはありませんか?
もし、そのアプリを皆さんが面接で立ち上げたら…。

「体育会に所属していました」と
聞いた瞬間、「イイね」ボタンをポチっとする面接官。
そんな光景が浮かび上がります。

いつ、いかなる時も組織に忠誠を尽くすことや
理不尽な指示にも異を唱えず「空気を読む」ことを
私たち面接官は
これまで体育会に求め、評価してきた。

「体育会」と書いて「使いやすい」と読む。
そんな翻訳アプリが未だに世の中の主流。
だとしたら、「裸の王様」はいなくならない。

体育会を評価する視点、質問を変えないとアカンですよね。

厳しく統制が求められる環境で
どう自分らしさを主張し、創造性を発揮したのか。
統制と自由の両立をどう図ったのか。

これを質問できるのが「世界で戦える」面接官(笑)
いつまでも陳腐なアプリを使い続けていては
面接の世界でも、日本がベスト8の壁を
突破するのは難しいと感じます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Copyrightc 2018 PERSONAL VISION INSTITUTE CO.,LTD. All Rights Reserved.
このコラムの全部または一部を(株)パーソナルヴィジョン研究所の事前承諾なく、
いかなる形式・媒体にも複写掲載することを禁じます。
コラムテーマ:<“辞めない”人材採用と育成>
コラムテーマ:<面接官のトーク術>
 バックナンバーも是非ご覧下さい □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
良い「型」(2018/12/14) <面接官のトーク術>
お節介で言い出しっぺ(2018/09/10) <面接官のトーク術>
統制と自由を問う(2018/07/24) <面接官のトーク術>
逆風が人を育てる(2018/07/06) <面接官のトーク術>
型破りと形無し(2018/02/26) <面接官のトーク術>
二つの“きく”(2018/01/19) <面接官のトーク術>
地道に、愚直に、丹念に(2018/01/18) <面接官のトーク術>
“志望動機”って聞く意味あるの?(2017/10/13) <面接官のトーク術>
高評価な人と、そうでない人の差(2017/08/24) <面接官のトーク術>
志を語り継ぐ(2017/08/10) <面接官のトーク術>
天使のように大胆に、悪魔のように細心に(2017/04/28) <面接官のトーク術>
当たり前のことを当たり前に(2016/08/29) <面接官のトーク術>
自分から素顔を見せる(2016/06/03) <面接官のトーク術>
引き算の面接(2016/04/12) <面接官のトーク術>
リクルーターとアセッサー(2016/02/19) <面接官のトーク術>
面接官の提案力(2016/01/12) <面接官のトーク術>
スーパースターばかりが必要か(2015/11/12) <面接官のトーク術>
“辞めない”面接(2015/09/28) <面接官のトーク術>
感情を引き出す(2015/08/10) <面接官のトーク術>
誇れるものがないという人(2015/06/29) <面接官のトーク術>
本当の独自性(2015/05/01) <面接官のトーク術>
VSOP人材論(2015/03/13) <面接官のトーク術>
てまひまかけて(2015/01/09) <面接官のトーク術>
相手の時間を大切にする(2014/11/14) <面接官のトーク術>
一人二役(2014/09/26) <面接官のトーク術>
行動チェックリスト(2014/08/01) <面接官のトーク術>
問題提起の輪を広げられる人(2014/06/16) <面接官のトーク術>
ブレーキではなくアクセルが踏める人(2014/04/25) <面接官のトーク術>
物語に惑わされるな(2014/03/07) <面接官のトーク術>
個人としての動機(2014/01/24) <面接官のトーク術>
「見る」ではなく「観る」(2013/12/16) <面接官のトーク術>
“野暮”をしつこく(2013/10/04) <面接官のトーク術>
まとまりなくべらべら話してもらえたら(2013/08/23) <面接官のトーク術>
ベテランあるある(2013/06/07) <面接官のトーク術>
失敗から得た糧(2013/04/22) <面接官のトーク術>
ストーリーをつなげる(2013/03/08) <面接官のトーク術>
ワクワクさせられるか(2013/01/25) <面接官のトーク術>
「無難」からは「無難」しか生まれない(2012/12/13) <面接官のトーク術>
絶対評価と相対評価(2012/11/02) <面接官のトーク術>
グループディスカッションの弊害(2012/09/07) <面接官のトーク術>
見る力(2012/07/23) <面接官のトーク術>
時間軸に沿って(2012/06/08) <面接官のトーク術>
脱線を楽しむ余裕(2012/04/16) <面接官のトーク術>
学生だけの責任か(2012/03/01) <面接官のトーク術>
面接官も管理職も 根っこは同じ(2012/01/19) <面接官のトーク術>
一つ上の目線で(2011/11/21) <面接官のトーク術>
教えてくださいという 姿勢(2011/10/05) <面接官のトーク術>
応募者に見出しをつける(2011/07/01) <面接官のトーク術>
もし面接官がドラッカーを読んだら(2011/05/16) <面接官のトーク術>
面接官には不向きなタイプ(2011/04/07) <面接官のトーク術>
基本中の基本(2011/02/14) <面接官のトーク術>
自らの仮説を疑う(2010/12/21) <面接官のトーク術>
腹落ちを問う(2010/11/04) <面接官のトーク術>
似顔絵描きであれ(2010/09/27) <面接官のトーク術>
バイアスの悲劇(2010/08/10) <面接官のトーク術>
成長の転機(2010/07/16) <面接官のトーク術>
「なぜ」よりも「何が」(2010/06/20) <面接官のトーク術>
イメージすることの大切さ(2010/06/04) <面接官のトーク術>
聞く技術(2010/05/12) <面接官のトーク術>
選ばなかった理由(2010/04/09) <面接官のトーク術>
社員の共感(2010/03/19) <面接官のトーク術>
尊敬より共感(2010/02/25) <面接官のトーク術>
話の腰を折る(2010/02/04) <面接官のトーク術>
距離を縮め、いつ切り込むか(2010/01/15) <面接官のトーク術>
「書く」のではなく「描く」(2009/12/17) <面接官のトーク術>
表情と話の長さ(2009/11/26) <面接官のトーク術>
山と谷に着目する(2009/11/07) <面接官のトーク術>
素人にもわかるように(2009/10/16) <面接官のトーク術>
意図のある人の面接(2009/09/27) <面接官のトーク術>
WHYを中心に(2009/06/25) <面接官のトーク術>
WHYをどこに集中させるか(2009/06/02) <面接官のトーク術>
WHY・WHAT・HOW(2009/05/11) <面接官のトーク術>
興味・関心を質問に(2009/04/14) <面接官のトーク術>
Copyright © 2019 Personal Vision Institute co.,ltd. All Rights Reserved.